心中の理由

「桂川連理柵(かつらがわれんりのしがらみ)」という浄瑠璃があります。通称「お半長」です。今は知る人は少なかろうが、30年位前までは「お伊勢参りの下向先、石部の宿で、<ウンヌン>岩田帯締めたとさ」という小唄もあって人口に膾炙していた話である。
 この浄瑠璃は落語の『胴乱の幸助』の主題なので、私にも大変親しいものです。ではあるが全曲を浄瑠璃で聞いたこともないし、読んだこともない、このままにしておくのもなんだ、ということで岩波文庫を取りだして、大体なんでも私の書庫には入っている、読んでみました。
 と、意外な発見あれこれ、がありましたので、メモとして書いておきます。これから先はネタばらしにもなりますから、自分で読みたい人は見ないでね。

 四十に近き長右衛門さんが、十四歳のお半に惚れ抜いて桂川で心中した、というのは平成の世のロリコン趣味の時代と違い、江戸大阪のご時世では、いかにも絵空事、と作者が気を回したこともあってか、この心中には「実は・・・」という事情がこってりと塗られているのでした。
 ・長右衛門さんは帯屋の当主半斎が跡取りがいないので隣家からもらった子です。大変良く出来た子でこのままいけばお家は安泰であったのですが半斎の連れ合いが亡くなり後添えに飯炊きの婆、お登勢というのがずるずるべったりに入り込み、その連れ子の義兵衛を跡継ぎにしてお家を乗っ取る算段で長右衛門夫婦にことあるごとに嫌がらせをして追い出す策略を立てている。
 ・家の運転資金百両が紛失します。それは長右衛門さんが廓遊びにふけって蕩尽したのだ、と継母お登勢は責めたてますが、
 ⇒実は、お内儀のお絹さん、落語では「日本一の貞女」ですが、その兄さんが恋い焦がれている女郎の身請けの為に、出してやったのでありました。長右衛門さんはお絹さんに肩身の狭い思いをさせないために黙っていたのです。
 ・長右衛門さんの死なねばならぬ理由は、色恋だけではありませんでした。帯屋お出入りの大名家の伝家の宝刀の研ぎを頼まれていたものを、例の石部の宿ですり替えられてしまい、死んでお詫びをせねばならぬ、と追い込まれていたのです。長右衛門さんとしてはお半との一事がありますから、なおさら責任を感じるのでしょう。
 ところが、実はこのすり替えは後添えのお登勢とその連れ子義兵衛が、お伴をしていた小僧の長吉を抱き込んでやらせたのであります。このことは小僧長吉の兄の知るところとなり、恩になった主家になんたる不埒、と帯屋に乗り込んで来て悪事露見するのですが、その時には一足遅く、長右衛門さんはすでに桂川へ出かけた後でした。
 このような難儀が積み重なって、死ぬ環境(?)が整えられることになるのですが、なんと言っても最大の「実は」は、
 なんと、ここからゴチックにしなければならないが、長右衛門さんは14年前に女郎と心中して相手を死なせてしまった事があるのです。「雪野」という女郎であったのですが、その生まれ変わりを14歳のお半さんに見てしまうわけです。死に後れたことへの悔いを、ずっと持ち続けてきたわけで、いわば雪野への心中立てなのです。へえ、なるほどねえ。これでこそこの心中が、更年期の中年男の妄執では無く、愛の輪廻の悲劇になって行くのですな。ここまで読んだ人は一割くらいのもので、世間通用ではロリコン理解で、今ではその方が通りが良いのかもしれない。

 そして、それに加えて番外篇『私の最大の「実は」』があります。
 復刊された岩波文庫の字があまりに小さくて読み難いので、こうなればとネットの古本屋から「近松全集」全17巻を買い込んで、さて何巻にあるじゃろかと、一巻一巻題名を調べてみて、あれれ、れれ、無いの、
無いのね〜、載ってないの。驚きあきれて岩波文庫を打ち広げ、よくよく見れば、本文末尾に「作者菅専助」。この浄瑠璃の作者は、実は、近松ではなくて、菅専助だったのです。作者名くらいは、表紙とか目次に書いておけよな、と言いたくなりますな。でもこの「近松全集」を買ったお陰で、という話はまた後日。
[PR]
# by zo-shigaya | 2005-03-16 14:45

若者の未来

 ときどきNHK教育テレビの「トップランナー」という番組を見る。停止の仕方が判らないのでずるずると視聴料を満額払っているので気分が悪いのだが、この分だけは払ってもよい、と思う。(それとお相撲が始まると夜中の総集版は見るからそれも払う、か)
 各界の若手活躍者が出てくる。その分野が、スイス料理、マウンテンバイク、ホラー映画監督、ラッパー、帽子デザイナー、アニメ、といった文化芸能関係だけで、経営、株式、銀行、税務署、政治家、というのは出てこない。なぜかな。万一出てきても、ワシは見ないから気がつかないだけか。
 言いたいことは、現在のトップランナーたちは物すごいエネルギーを投入してきている、という事実に感激する、ということ。当たり前だが人並みにやって楽して成功を得ることは出来ないんだね。今も昔も。マウンテンバイクの世界チャンピオンになったまだ20代の青年は、なんと、中学生で日本一になり、あとは学校を辞めて両親と一緒に車で寝泊まりしながら世界中をまわってレースに参戦、トップになる。DJコンテスト世界一の青年は中学時代に夢中になって3ヶ月新聞配達をしてミキシングマシーンを自費で買い、あとはそれ一筋。日本人初のスイス国認定マイスターになった人は高校生の時にスイスにホームステイ留学して言葉の習得からスタートして鍋洗いから叩き上げる。
 3年4年なんてものじゃない、10年以上の修業期間を費やしている。それも猛烈な濃い密度で連続して。先週のホラー映画監督はサム・ライムに認められてハリウッドで映画を撮ったというが、この人も大学を中退して10数年間の下積み生活の挙げ句だ。
 今でこそNHKの番組でトップランナーとして取り上げられているけど、それまでは殆どなんの保証も無い、なんの評価も得られない、それこそ一歩間違えば、なに、わけの判んないことやってんだ、という冷たい視線にさらされて来たに違いない。30歳までは自分の夢を信じてやって行こうと思ってここまで来た、という言葉はなかなかでないよな。

 ”若いということは、なかなかに大変だ。
 過去は一瞬にして振り返ることが出来るが、未来は一瞬たりとも可能性であることを  
 止めない。
 無限の可能性-などと大人は、少年少女や若者に向かって、ヨイショをするが、可能 
 性という言葉は、必ずしも明るい良いものとは限らない。
 自分の若い時にワープしてみれば、分かるではないか。
 可能性という名の不安に苦しまなかった青春があるだろうか?”

ワシが尊敬する愛恋公女が、上のような名セリフを書いているが、まったくだよね。ワシのように可能性に満ち溢れていて、ほとぼしるものをとどめがたいような人物であっても苦しかった。今でも苦しい。多くの可能性に賭け続けているから。
 地球家族の諸君、可能性を多く持つ者ほど苦しむのだ。精進したまえ。後に続くを信じてます。
[PR]
# by zo-shigaya | 2005-03-15 18:46

愛染かつら

長らくのお休みでした。何故お休みしたかについてはあとでこまごまと書きますが、再開第一回のお話は、『愛染かつら』の話です。
 小沢昭一が各地でお話をする時の締めくくりにハーモニカを吹いて聴衆のご機嫌を伺っている。たまたまそれを聞きました。謙遜しながら吹くのですが、いかにも芸人さんらしい鮮やかな演奏です。曲は『旅の夜風』で「『愛染かつら』の映画が一世を風靡して誰も彼もこの唄を歌っていたもんです、ただ、あの映画の筋は、早くいえば、医者が看護婦に惚れる、というだけの事なんですけれどね」と言っていた。
 そこでまた、詮索好きな癖が働いて近くのビデオ屋で松竹ホームビデオから出ている総集篇(89分)というのを借りて見た。まったく小沢昭一の言うとおりの筋で、大きな病院の跡取り医者が、自分の病院の看護婦に惚れて一緒になるまでの、あれやこれやのすれ違いを描いたものだ。細部が無くて筋だけだ。
 恐らくこの総集篇は、昭和13年上映の映画をまとめたものなのだろう。ビデオパッケージを見れば書いているかも知れないがレンタルではそれが判らない。『愛染かつら』は初編、後編、完結編などがあるのではないか。この映画だけでは、国民の紅涙を絞ることは無理だろう。
 さて、聞くと見るとは大違い、のあれこれを列挙します。
 総集篇を見て意外に思ったのはハッピーエンドで終わる事だ。僕はこの看護婦高石かつ枝(田中絹代)が結核で死ぬ悲劇かと思っていた。これがまずはずれ。
 さらに、高石さんは最後は看護婦ではなく、白衣の天使から満都を沸かす新進レコード歌手として華々しくデビューするのである。このデビューの楽屋に津村浩三(上原謙)が求婚に押し掛けるのである。
 また、高石さんは貧窮のうちにあった訳ではありません。実家は裕福な金持で、ええところのお嬢さんなのです。それが親の許した許嫁と結婚する頃に折悪しく倒産し、さらに懐妊8ヶ月の時に夫もスペイン風邪でコロッと行ってしまい、実の姉のところに寄寓して4歳の娘を育てている。行儀作法は勿論、洋楽のお稽古もしているお嬢さんなのです。身を寄せている姉の家も、立派な洋室もある御宅なのです。(もっともこの姉さんの旦那は姿を見せません。死んだのかしら)
 看護婦として津村病院に勤めていたのですが、辞めた後でも家族で熱海に保養にいったりしています。そこで友人の医院のヘルプにいっていた津村が、たまたま彼女の娘を診察して、身持ちであることを知るのですが。
 一方、大病院の御曹司の津村浩三の方は、この上無く恵まれているかと思うと、さにあらず。親父さんの頃から病院経営は左前で資金不足、そのために浩三君に金持ち医者の娘を縁付けようとするのです。浩三君はそれを嫌って家出などをするのです。その時にかつ枝さんを誘って同行を求めるのですが、かつ枝さんは娘(この子が全然可愛くない。誰に似たのか、と思うくらい)がハシカになって看病しているうちに遅くなって、夜の新橋駅11時の汽車に間に合わず、哀愁のすれ違いシーンになるわけ。
 浩三君がうだうだ言っているうちに、親父の院長は脳卒中で死亡、なすすべもなく浩三君は涙ながらに廃業宣言をします。まったくダメ息子なのです。
 この窮状を救ってくれるのは金持ち医者の娘さんです。親の言いつけでアメリカから一時帰国して浩三君とお見合いをした彼女は、かつ枝さんの純情に感激して父親を説得、自分につける持参金分の金を病院の運転資金に出させてやって、病院を救済してやります。そして自分は颯爽とアメリカに帰っていきます。
 でも、浩三君は小児科の博士ですから、看護婦50人の大所帯の病院を果たして切り盛りして行けるのでしょうかね。上原謙のまずいセリフ回しと白痴美のような容貌を見ていると『旅の夜風』の「花も嵐も踏み越えて行くが男の生きる途〜」という歌詞は、浩三君の多難な病院経営の前途を歌ったもののように聞こえてくるのです。見てから聞くとまったく違う印象を持つものですね。
 だから最後のハッピーエンドも、結局、先行き不安なバカボンが、金づるとしての新進歌手にすがりついた、と見えないわけでもない訳ですね。恐らく彼女の稼ぎの方が大きくなるでしょうからね。
 谷中に今も有る自性院の愛染明王を祀ったお堂のそばの桂の木に、願いをかけると結ばれるというのが、「愛染かつら」の題名の由来だそうで、田中絹代の聡明でしっかりした態度が、戦前における日本の母の水準の高さを忍ばせる。(ちなみにこの映画の時、田中絹代御年28歳であった。若く見えますな。)
 これに匹敵するのは、平成の世の、我が愛恋公女でありますな。ではまた。

 
[PR]
# by zo-shigaya | 2005-03-14 18:52
 へえ、そうだったのか、という興奮と共感を覚える本というのはなかなか出会えないが、平山洋「福沢諭吉の真実」(文春新書04年8月20日刊行)は近来稀に見る快著である。朝から読み始めてお昼過ぎまで、息つく間もなく読み終えた。
 現在刊行されている『福沢諭吉全集』の時事論集の中に諭吉の自筆論説ではないものが混入していることの指摘である。そして、それがただの素朴な間違いや確認違いではなく、極めて意図的に巧妙に仕組まれた仕業だった、というのである。それを仕組んだのは、誰あろう、全集編纂者にして、浩瀚な『福沢諭吉伝』全3巻の著者である、石河幹明その人であった。
 まるで推理小説を読むような面白さだ。これまでの研究で、明治前期に市民主義者、開明主義者であった福沢諭吉は、後半、国権的侵略主義者に変身するという指摘、研究があった。しかしその後半のイメージを作った侵略主義的、皇室崇拝の論説は、実は石河幹明が書いたもので、それを福沢のものとして全集に大量に混ぜ込んだのだ、と論証している。福沢は最後まで開明主義者としての理性を失わなかったのである。
 新聞雑誌に発表された無著名論説の著者を確定することはなかなか難しい。しかし、中江兆民の論説をかなりの期間読んだ体験からすれば、確定されている論説と同時期の文章であれば、大体のカンで見分けが付くようになる。これは違う、という感触が判る。もっとも時代が20年も離れてしまうと文章の癖が変わるから間違う場合もあるだろうが、言っている内容まで変わってしまうとすれば、何か人格上の問題が起きたと思うだろう。おそらく福沢の研究者たちだって、その辺の違和感は持っていたに違いない。
 でも、まさか編纂者が意図的にこのような謀り事を行なったとは想像を絶する事だ。まして出版元が慶応義塾であり岩波書店なのだから、検閲校訂済みという安心感がある。
 テキスト・クリテイックは学者の仕事の第一歩である。その原則に忠実に、在来の権威に対して果敢なるメスを入れた平山洋さんは誠に偉い。

 「有名な『脱亜論』」、つい私までこんな形容詞を付けてしまうのだが、平山さんの説明では、この論説についても、掲載された1885年(明治18年)3月16日時点での状況に戻して考えれば、甲申政変後の朝鮮独立党への弾圧に憤って書かれたもので、福沢のアジア蔑視の侵略賛美思想の表明ではない。発表時にもそれを巡っての論壇の反応はなく、福沢自身、その後の言論活動の中でただの一度も「脱亜論」に言及していない。発表から48年4ヶ月経って、昭和版「続全集」に収録されたが、明治、大正、昭和の終戦時まで、これに触れる論者も研究者もいなかったという。
 それが戦後1951年11月に遠山茂樹が書いた論文で初めて取り上げられる。遠山は「アジアへの侵略賛美者としての福沢」という解釈を(丸山真男に対して)提出するためにこれを引用しているが、このイメージを作ったのは、まさに石河幹明の『福沢諭吉伝』なのだという。遠山は図らずも石河幹明の策謀に乗せられてしまったわけだ。遠山の友人の服部之総はさらに明確に日清戦争の扇動者としての福沢という側面を強調する。これを受けて1963年の筑摩書房刊行の「現代日本思想大系」の第9巻「アジア主義」に竹内好がその全文を掲載して、反アジア主義の代表的論説に祭り上げてしまったのが真相である、と平山洋さんは腑分けをしてくれている。
 この筑摩書房の大系は当時の学生には良く読まれたものである。かく言う私も、このアンソロジーで『脱亜論』を読み、かつ竹内好の解説を読み、それ以来この論説が喉に刺さった骨のように感じながら福沢を眺め、福沢を説く丸山さんの著作を見て来た。この不快さ、胸のつかえが、今やっと解けた。なんと言う喜びであろうか。
 本日10月7日を持って「福沢諭吉解放記念日」としたいくらいだ。
[PR]
# by zo-shigaya | 2004-10-07 17:22

二川相近のこと

 少し前にリクエスト復刊された岩波文庫に『草徑集』というのがある。大隈言道の歌集である。その解説をながめていたら、

 「花よりあくるみよし野の 春のあけぼの見せたらば、
  から国人もこま人も やまとごころになりぬべし」

という今様の歌を載せている。
 この歌は「宮城道雄小曲集」に載っていて、私は地歌三絃で習った。お師匠さまの、きれいな声で歌うのを聞いていると、茫洋駘蕩としてくるめでたい歌である。このような大和心ならば、世界中の人々が異議なく同調するであろう。美吉野という場所がどこであるか、実景として特定されなくてもこの雰囲気は良くわかる。
 「君が代」に替わる国歌として、私はこの歌を推賞したいとかねがね思っている。
 あら懐かしや、と見ると、文庫の解説には「この歌が明治の末頃まで、頼山陽の作とされていたが、実は(大隈言道の師匠の)二川相近(ふたがわすけちか)が作者である」と書いてある。
 ゛二川相近は福岡藩士で筑前の人。亀井南溟の門人である。十歳にして詩を作り文を綴った。天才といわれた。書は非常に巧みで二川流と世に称せられた。極めて趣味豊かな人で歌と書にすぐれているうえに今様の近世並ぶものなき大家である。天保七年九月二十七日に年七十で卒した〃とある。
 ネットで「二川相近」を検索してみると、さすが電脳社会だ、たちどころに次のような事が知れた。

  二川相近(ふたかわ・すけちか、1764−1836)江戸時代の後期、福岡の城下の 
  著名な書道家。家は代々の藩の料理方で、父親が 亀井南冥に親しかったことか 
  ら入門を勧められ、家職転業し16歳から書道の道に精進。28歳で藩主より転業 
  を認められて『執筆法』なる書物を著し、書道に二川流を開いた。病身のため30
  年間自宅を出ず、藩主もそれを認めた。琵琶の演奏にも長け和歌も当代風のもの
  を作り、歌集に『鴫(しぎ)の羽根かき』がある。

 ゛この二川塾から歩いて十四、五町のところに大隈言道の家があり、七,八歳の頃に入門したようである。言道はここで書と歌を学んだ。言道の父は裕福な商家の主であったが、彼が八歳のときに亡くなったので、母と相近に薫育されたといえる〃と文庫解説にいう。
 作歌上の新機軸を案出、さかんに門人を養成し一家をなしていた大隈言道の歌も、福岡にいてはなかなか天下に認められないという事で、六十歳を過ぎてから万難を排して大阪に出て念願の歌集上梓をする。解説には「辺陬の地にいては天下を風靡することが難しい」とあるが、福岡が辺陬と言えるものか、ともあれ江戸・大阪でなければ文芸は認められない時代であったわけだ。
 師匠の二川翁の作が頼山陽と誤伝されるのも無理はないというべきか。こういう例は数多いだろうな。ご縁を大事にして9月27日のご命日には、久しぶりに三弦を取りだして愛恋公女に聞かせてやろうかな。しかし、ワシが三弦を弾くと犬共が狂ったように吠え廻るというのも困ったものだ。犬の皮でも張ってあるのかしら。
[PR]
# by zo-shigaya | 2004-09-25 18:41

ゾルタン星人だっせ

 マイケル・ムーアが『アホでマヌケなアメリカ白人』(柏書房)(原題Stupid White Men)の中で、映画狂の北朝鮮のキム・ジョンイルに、ジョン・ウエインやポルノだけではなく、もっといいアメリカ映画を見て欲しい、と推薦している四本の映画があります。
1.『イージー・ライダー』(デニス・ホッパー監督)
2.『200モーテルズ』(フランク・ザッパ、トニー・パーマー監督)
3.『DUDE、WHERE'S MY CAR?』(ダニー・レイナー監督)
4.『MY DINNER WITH ANDRE』(ルイ・マル監督)
 の4つです。
 2,3,4については、見たことがありませんでしたから、アマゾンで検索して見ました。このままの題名で検索しても出てきませんから、監督名で探して作品リストをみると、『DUDE、WHERE’S MY CAR?』なる作品は日本でDVDで出ていました。
  な、なんと、邦題名が『ゾルタン★星人』というのだそうです。
マイケル・ムーアはこの作品を「アメリカについて知るべきことは、すべてこの映画の中にある。」と言っています。おそらく「オーステイン・パワーズ」のような、ヘタウマ的映画、つまりカシコイのに、おバカな真似をして笑わせる、というものじゃないかしら。
 見ていないからなんとも言えないが、この邦題はオフザケが過ぎているのじゃないかな。なんでこんなキワモノ的売り方をするのだろう?どっちにしてもアマゾンに注文したDVDが来たら見てみよう。愛恋公女も一緒に見ようね。

 ところで、小泉首相が「華氏911」を、あれは偏向しているから見ないといったそうですが、それに歩調を合わせて日本の新聞の映画記事は、ムーアの映画をプロパガンダ映画として扱っています。
 映画はプロパガンダの最大の表現である、といわれます。そしてプロパガンダ映画としての最高の作品は、かのレネ・リーフェンシュタールの「美の祭典〜ベルリン・オリンピック」でありましょう。あの聖火を燈す美しい男女の裸体を映像にし、美と精神の祭典として、アーリア人の優越を世界に宣伝した映画こそプロパガンダの極地でありましょう。そしてこれこそ、「偏向している」映画の代表であります。金髪碧眼、体格の立派なアーリア人が真善美であり、ユダヤ人(そして日本人を含めた有色人種)は偽醜悪の民族である、という宣伝に使われた。
 それと比べて、例えばムーアの「ボーリング・ファア・コロンバイン」を見てください。彼ははっきりと銃規制の立場から映画を作りました。チャールストン・ヘストンをはじめとするアメリカの銃愛好家は、ムーアを偏向していると批判したに違いありません。プロパガンダとして酷評したでしょう。「偏向」とは、事実をすりかえて、あることをないことにして、ないことをあることにして、伝えることです。そしてプロパガンダとしては、その立場を感動にまでせり上げる力です。
 どうですか、ムーアさんのあの映画は、銃の過剰がさまざまな悲劇を生んでいる事実を伝えるドキュメンタリーでありました。この映画には事実のねつ造があるでしょうか。この映画を見て、なにやら崇高なものへ誘われたでしょうか。ただ感じるのは、皆が銃を持って武装していても、さっぱり犯罪は減らない、それどころか、益々犯罪が増える、という感想でしょう。ムーアの考えに与するか、反対するか、どちらの立場を取るかは、見た人の判断に委ねられています。これってプロパガンダかなあ。
 むしろ、立場を鮮明にして映画を作るのが悪い、という批判は観客数を気にする資本の論理なわけで、そこに拘っていないムーアに対して向ける言葉じゃないと思うけれどね。
[PR]
# by zo-shigaya | 2004-09-05 14:48

まあ、ええがなの心

 料理を作ることが、いつからストレスになったかを考えた。昔、独身の頃は料理名人であった。やはり愛恋の登場以来だろう。最初は、知識、技術において断然、引き離していた我が輩であるが、いつの間にか、スピード、出来栄え、味の三点で逆転され、厨房王から、哀れ、鍋洗いに転落したのであった。
 愛恋が立てる献立の巧みさ、愛恋が目利きをして購入する食材のイキの良さ、調理技術のスピード、出来上がりの美味さ、それらの前にあっては、手向かいすることは徒労であり、廻りの食客たちの迷惑でありましたから、己の分をわきまえた拙は、常に愛恋に指示と指導を仰いできたのであります。その結果、恐ろしく料理がヘタになってしまった。なによりも、あの料理を作ろう、という気持が起こらぬのであります。何を見ても、愛恋なれば、あれをたとえようもなく上手に美味に作るであろう、愛恋なれば、今夜は素晴らしい献立を考えて一瞬のうちにテーブルに繰り広げるであろう、などと、常に愛恋の指示待ち人間になってしまったのね。
 で、「チビ愛恋」などには、”ワンダもぼんやり突っ立ってないで「厨房王」として復活したら”、”自分で考えた料理でもチャッチャッと作って疲れている愛恋をもてなしてやったらどうなの”などと蹴りを入れられて涙に暮れる我が輩である。しかし、今どきハンバーグステーキとか、豚肉のクワ焼きでもねえだろうが。さればと言って昔習い覚えたビーフ・ストロガノフ・マリア・テレジア風や陳さんの豆醤大排骨やロビュッション直伝のCuisse de canard confiteでは、いたずらに愛恋のカロリーオーバーに貢献するだけである。こんどはそちらから蹴りが入るに決まっている。この泣くに泣けない隘路に立って苦悩している私でありますが、先日、チビ愛恋の友人に晩飯を食わせることになって、冷蔵庫を開けたらゴーヤーが出てきたのであります。はて、と困惑したのでありますが、よっしゃゴーヤー・チャンプルーてなものを作ってやるぜい、と思っては見たが、名のみ知ってて実物を食したことは、まあ、あるんだろうけど記憶が無い。さあ、こうなると「ブリダンの驢馬」と化してダラダラと汗やよだれや涙の塊となって、やぶれかぶれのわんだら顔、いやワンダー顔、活字の料理マニュアルを各所から引っ張り出してきたが、昔のもので「ゴーヤー」なる食材などどっこにも無い。完全に泣き目になってピストル撃ちたくなったが、この時、ハタと気がついた。インターネットがあるではないか。「今晩の御料理」とかなんとか、ヤフーやらgooやらでめちゃめちゃにサーフィンしたら、一杯出てるのね。ようし、どや、とばかりに作ってやったが、これを食べさせられたクマちゃん、今、御元気?
 しかし、その後、愛恋の不在の時には、ネットでメニューを探して作るようになったのであります。なぜかな?案ずるに、私以外の誰かも同じようなもんを作って食べておるのだろう、という「共生共食の安心感」が支えているのかもしれない。「愛恋美饗大飯店」がお休みときは月でも見ながら「電網食堂」というわけね。この心境をあえて言えば、「まあ、ええがなの心」
[PR]
# by zo-shigaya | 2004-09-02 15:46

糠味噌が悪くなる

啖呵を切る人
 「啖呵を切る」という行為がある。啖呵を切る人がいる。胸がすくような啖呵だ、と褒める人もいる。しかし、世の中を見回すと、現実の生活の中で「啖呵を切る人」というのは、意外にすくない。少なくとも私の周辺では今まで御付き合いをしたことが無い。

 ところで、ある日の夕方、7時頃の事であります。慣れない手つきで夕食の支度をしていると、必ず電話がかかってくる。今日もまた、だ。出ると優しい女の人の声で「こちらは○○市社会保険センターでございますが・・」と言う。うちの大学生の娘の社会保険料の今年の6月分が「まだ未納のようでございますが、いかがでしょうか」というお尋ねだ。調べてみます、とお答えして電話を切ったが、社会保険庁も随分きめ細かな督促体制を布いたものだ、と感心しつつ糠味噌の桶をかきまわし続ける。
 かきまわしながら次のシーンを考える。次には、この優しい声の方が、未納の方へ納入のお願いの電話をかけたり督促をする、という順序で法令順守の努力が続くんだろうな。未納の方々は我々の周辺でも多くいるらしいが、大半の人は、面と向かって催促されれば、不服ながらも「はいはい、払いますよ、困ったもんだ」などと、いろいろぶつぶつ言いながら、払うだろう。あの人、この人、さまざまな顔を思い浮かべてみても、まずそうだ。払った後で百万だら、文句は言うかもしれないが。
 ある人は理論的に「国家が充分な責任を果たす保証をしていないものには一円だって拠出するいわれは無い」と抗弁する人もいるかもしれない。さらには、こわもてで、「払えねえよ、払う金がねえよ」と居丈高に言い返す人もいるかもしれない、いるだろうな、と連想しているうち、次のシーンを想像したら、なにやら、背筋を冷たいものが走るのを感じた。
 職員が未納の家に訪ねて行く、「あのう、なんとか納入を」「さあ、そんなものは知らねえな」「しかし、知らない、という事はちょっと・・」「なんだ、払ったかどうか、判らねえってのが、おかしいっていうのか。バカヤロー、おメエ、人生さまざまなんだよ、会社もさまざまなんだ、おメエみてえな者に判るわけがねえだろう、なにが悪いんだ」
 このような威勢の良い「啖呵を切る」人の所にも行くことになるだろう。こういう「啖呵を切る」シーンが日本全国で繰り返されるのだろうな。なんと言っても国会で総理大臣がそういう口の利き方をしたのだから。
 そんな「啖呵」に困惑している職員(ほとんどは臨時の職員)の苦労を思うと同時に、こういう開き直りをする人の事を考えてしまう。
 自分の不足を挙げられると、いきなりむきになって喰ってかかる人、そして伝法な口調で巧みに口上をまくしたてる人。まわりにいて聞いてる弥次馬に取っては、その文句が面白いから、「へえ、○○だってよ、言うじゃねえか、たしかに当たってるよな」てな、反応を引き起こす。
 物事を紛糾させ、その場では収まらなくて、最後は「ちょっと署まで」となる人もいるだろうな。まあ、そこまで行くと大抵はへなへなとなってて収まってしまうのだろうけど。 
 そんな「啖呵を切る人」は、体制の中の弱者であり、下から上への反逆である。歌舞伎でいえば、幡随院長兵衛であり、白井権八である。少し大物すぎるが河内山宗俊だろうし、落語では「らくだ」の葬式を取り仕切る脳天の熊五郎である。お芝居の中では江戸時代の身分制社会の中での秩序破壊者として、あるいは社会の中で経済的に逆境に置かれた人のあらがいの姿だから、庶民の心情を代表したと、やんやの喝采を浴びる。
  江戸の美学としての「啖呵」は、身分制社会の風穴である。しかし、今の我々の普通の生活の場で歌舞伎の中のような「啖呵」を切る人は、歴史的文化遺産ではあっても、実際にそばに居られたら、ちょっと困る方々だ、という感じを持つのは、私が保守化した証明だろうか。
 ましてやそれが経済大国日本の最高権力者の、内閣総理大臣である、ということで背筋が冷える思いがするのは、反動化した証明だろうか。
 国会で自分に都合の悪い事を聞かれたときに、瞬間的にこんな風にまくし立てる政治家とは、どういう感情構造をした人なのだろうか。
 
 「啖呵を切る』行為に対して、体制側から総括するならば、「盗っ人にも三分の理」とか「引かれ者の小唄」と呼んで類型化したものだ。
 しかし、まさか体制側の総元締めの内閣総理大臣の国会答弁を「盗っ人にも三分の理」とか「引かれ者の小唄」と総括することも出来かねるだろう。こういう感情構造の人を日本の国の最高権力者として持つことは、重大な誤りじゃないかな、糠味噌をかきまわしながら、そんな感じを持つ。
[PR]
# by zo-shigaya | 2004-09-01 18:03

台風来る

 台風16号が日本海から北海道へ上陸するという。愛恋公女が、明日北海道へ発つ予定があるものだから、夜は心配で心配で、寝ながら心配していたら、台風の前に午前3時半に蚊が襲来してきた。耳元でブーンと言うから、なんじょう我慢も出来ようか、飛び起きて蚊取り線香を点けて、立てて置く金物が見当たらないので、手近にあった犬の毛梳きクシに差して(我ながらよく気がついたものだ)なんとか目をつぶって寝た。翌朝、たっぷりと我が膏血を吸った蚊めは愛恋公女の平手打ちであえない最後を遂げたという。天網カイカイじゃね。
 台風のおかげで、大気がざわざわとして位相がさまざまにゆがんでいるような感じである。「台風クラブ」という映画を思い出した。少年少女が大気のゆがみに敏感に反応していく映画であった。僕はあれを見て70年代の学生運動のレクイエムのように思ったが。
 ともあれ31日は北海道ではすべての飛行機は欠航となって愛恋は自宅待機。明日1日の出発となった。
[PR]
# by zo-shigaya | 2004-09-01 17:09

夏の終わりに

04年8月31日(火)
 『ブリダンの驢馬』という寓話がある。飢えと渇きに苦しむ驢馬に、同時にカイバと水を与えたら、どちらを先にしようかと、迷い苦しむうちに、どちらとも決しがたいまま、飢え死、渇き死した、という話だ。Jean Buridan(1315〜58フランスのスコラ学者。自然哲学者として物理学的な研究も行い近代力学の先駆者と呼ばれる)の作ったものといわれるが、ショーペンハウエルの考証によればブリダンの著書にはこの話は見当たらず、ギリシャ以来の有名な寓話として伝わるものだという。
 この『ブリダンの驢馬』を使って、あの憂欝派の高橋和巳が面白い文章を書いているので引いてみよう。
 「・・最初ちゃちなヘーゲリアンであった私は、この寓話は完全に誤っているではないかと思っていた。二つの所与を同時に発止と受けとめえぬような非弁証法的な精神は、察するに驢馬以下であり、話の発想からして、善玉悪玉をはっきり分離しないと安心できぬ大衆小説的俗臭を発していると思ったのである。」
 ところが、ここに欲しい本がある。「たとえば『全唐詩』なり『漢魏叢書』なりを手に入れたいと思ったとする。一ヶ月あるいは半月分の生活費を懐中にして古書肆を訪れる。そして、そこで人は、最初、意志の自由に関する考察のための比喩として思いつかれた飢えた人間の話を、スコラの学者が驢馬の話にしてしまった皮肉を理解するのである。・・・欲しい書架の書物と懐中の財布との中間に位置して、うろたえ、無意味に足踏みを繰り返した。かっての傲慢は悲惨に崩れ、私は汗を流しながら、ぶつぶつと私語し、遂にはなにをしにきたのかも忘却し、ぽいと本屋を出てしまう。(中略)そしてやむなく、あまり読みたくもない安い雑書を買って良心を鎮め、かつ帰りに一種厭世の念におそわれて飲屋で金銭を浪費する。(中略)私も結局ブリダンの驢馬であったか。しかし、ここでひきさがっては形而上学派の沽券にかかわる。私はそこで・・・」考える。
 二兎はそれが目に見えているかぎり、人はその双方を追いたくなる。無為無策から脱出するためには、まず二者のうち一方に対する配慮を抹殺するより仕方がない。
だいいち「弁証法は元来、観念の世界の法則であり、意識と物質とのあいだには適応されない。」だから、どうしても欲しい書物がある場合は、酒を飲んで本屋に行けばよい。そうすればのちほど後悔しても、悔恨は酒の方にむかい、書物の値いの方へはむかってこないであろう。という自分で立てた「・・・詭弁に満足し、まず友人と忘憂の水を呑み、歓談一刻、いさんで書肆に赴くが、その時も目指す書物は買えなかった。なぜなら「店は燈の光もなく、カーテンとともに閉ざされ、夜はとっぷりと更けていたからである。」
                 「書物と驢馬」(「現代の青春」旺文社文庫所収)
 世人云うところの「酒の勢いを借りて事を為す」、をこんな衒学的な小話に仕立て上げている高橋和巳は誠に嘉すべき人だ。彼の「深刻憂欝孤立解体無縁」居士のイメージはあまりに漢文に堪能すぎたせいで作られた鎧兜なのかもしれない。彼に今しばらくの寿を与えて中国文学者として仕事をさせていたら、どんなものだったろう。言ってもせん無い繰り言ではあるが・・・。
 ところで高橋和巳が「ブリダンの驢馬」という比喩を持ちだしたのは、恐らく当時のスーパースター(またはトリックスターか?)花田清輝が戦争中に発表した『ブリダンの驢馬〜スピノザ』という論文を意識しての事であろう。
 驢馬には自発的な選択能力は無いから、水槽と秣桶の間に置かれると立ち往生して餓死するというが「実際、驢馬をそういう生の可能性の状態においてみれば、一瞬の躊躇もなく、彼は猛然と水を飲み、秣を食うであろう。・・・断じてかれは立ち往生することはないであろう。」と花田は書いている。颯爽たるものである。
 この論文も入れてヨーロッパの文芸復興における22人の人物評論、あるいは「思想史を素材とした小説」(鶴見俊輔の評)として、戦後1946年に「復興期の精神」という題で刊行され、日本の戦後の文化の復興方向を考えるものとして一部の人々にハイカラな興奮を与えた本である。
 花田は不足なものを充足させんとするエネルギーの奔逸さを無邪気に説き、高橋和巳は不足を充足させようとして、叶わない現実の悲しさを示す。

 解釈はさておいて、カッコイイね、「君はブリダンの驢馬だね」とか言うのは。今度やってみよ。なんです?一番言われるのはワンダですって、ウ〜ン。
[PR]
# by zo-shigaya | 2004-09-01 16:51