ん、誰か呼んだ?


by zo-shigaya

<   2007年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

小沢一郎氏に望むこと

11月13日
 民主党の小沢党首が辞意撤回をして続投をすることにしたのは日本の政党政治にとって嘉すべきことだ。
 メデアは喧しく裏の事情をさぐっている。裏にはいろいろな経緯があるのだろう。その事の真相はいずれ明らかになるとして、それ自体、大した問題ではない。
 また政策協議も悪いことではない。法案の内容についての歩み寄りや擦りあわせは、どこの政党同士であってもやって悪いことではない。必要なら、自民党と共産党が政策協議をしても不思議ではないし、多いにやったらいい。それが議会政治だ。

 問題は、小沢党首が、なぜ、一気に「連立政権」に進む「気分」になってしまったのか、ということだ。
 小沢氏は11月4日の辞意表明会見では「民主党はいまださまざまな面で力量が不足しており、国民からも「自民党はダメだが、民主党も本当に政権担当能力があるのか」と疑問が提起され続け、次期総選挙の勝利は大変厳しい情勢になると考えている。」と述べていた。
 11月7日の辞任撤回の会見の中でも、衆議院の勝利については楽観してはいられない、小選挙区で前回の三倍の議席を勝つことが絶対条件だ、この厳しい現実を直視しないで、参院選勝利の「勢いだけで勝てるほど甘くない」と述べている。

 この強い不安が、小沢氏をして、今回の「連立」の話に飛び付かせたものだろう。この厳しい選挙情勢の手応えと確信は、どこから生まれたかといえば、ここ1ヶ月くらいの小沢氏の動静を報じる新聞記事から推察するに、恐らく地方回りをした感触から生まれたのだろう。
 小沢氏が地方回りをして会っているのは、新聞の記事で見れば、ほとんど「連合」の幹部たちだ。彼らからどんな分析が出たか、詳しく報告されたものはないが、おおよそ内容は推測がつく。
 いわく〃民主党の組織は弱体だ、党員数も少ない、地方議員も少ない、足腰が弱い、選挙の時は連合頼みだ、議員や候補者の活動が見えてこない、エトセトラ、エトセトラ 〃 
 これが小沢氏をして、次の選挙では民主党はまだ勝てない、という悲観的気分に落し入れた、と私は見る。そしてこの分析に依存していることが、小沢氏のアキレス腱なのだ。「連合」依存意識が不安の源泉である。

 「連合」はたしかに民主党の最大の支援組織ではあろう。しかし、一歩地域と現場に足を踏み込んで、現在の日本社会の中での機能を眺めてみればよい。現在の「連合」は企業内組織であってそれ以上のものではない。市民社会の中にネットワークを持っている組織ではない。
 地方の「連合」の幹部諸君が、どの程度、地域のムードを読めているのか。
 彼らは地域全体の民意を示すバロメーターでもなければ、十分な民意のセンサーでもない。フリーター、派遣社員の大量出現という社会問題に対しての関わりを見れば、その事は歴然たる事実だ。
 その組織の幹部を回って歩いた感触で、今現在、日本の社会に流れる「空気」を判断しようとしたところに、小沢氏の致命的な誤りがあった。
 これで不安になり、焦りにかられて、一気に急襲して天下を取るしか術は無し、という気持ちになって「大連立」という甘言に乗せられた。

 小沢氏は、この時点で残念ながら「KY」であった。空気が読めていない、情勢分析の対象が間違っているのだ。
 ここで苛立たないで、「連合」の分析が当たっているのかどうか、を別のセンサーから分析すれば良かったのだ。それは他でもない、全国で「朝立ち、夕立ち」している自党の議員、候補者からの情勢報告である。
 そうすれば、民意は「連合」の分析とは違う形をしていることが見えてきたに違いない。ましてや読売新聞の論説のようなわけでもない、と言うことが。

 その輝かしい政治歴から小沢氏には「勇将のもとに、弱卒ばかり」という、すこしひがんだ感情があるのではないか。今回の辞意撤回を機に、そんなケチな思いは男らしく棄てて、天下堂々、自ら率いる民主党の同志に五尺の赤き肉塊すべてを委ねる、という捨て身の心境になられることを、期待するものだ。
[PR]
by zo-shigaya | 2007-11-13 16:42 | 近時片々
 滅多に書かない時事ネタをアップしたら、たちまち大変動が起きてしまった。「大連立」(福田総理は「新体制」と言う)を持ちかけられた民主党の小沢党首が辞意を表明した。4日午後4時半ごろの記者会見をたまたまテレビのリアルタイムで見た。安全保障政策で福田総理が従来までの自民党の方針を大転換して「国連中心主義」にすること、「新テロ特措法」の成立にはこだわらないことを約束したので、国民生活関連法案の「政策協議」に応じることにしたい、という考えを役員会に説明したが賛同を得られなかったので、党首を辞任したい、というものだ。あえて今、民主党が政権の一翼を担い、参院選で国民に約束した政策を実現できれば、政権運営の実績を示すことができ、民主党への国民の信頼が増し、民主党政権実現への早道になると考えた、と述べた。
 ふう〜ん、なるほど、と思う気持もあるが、これってどこかで聞いたセリフだなあ。そうだ、細川政権が潰れた後で、自民党が旧・社会党を引っ張りこもうとした時、連立を受諾した社会党の側の理屈ではなかったか。
 あの時は自民党が社会党にすり寄ったもので、決して自民党の軍門に下ったのではない、社会党としては、それまでの万年野党、なんでも反対の無策政党、という汚名をばん回し、政権運営の能力と実績を国民に示して、悲願の社会主義政権への道を拓くべく千載一遇のチャンスに乗ったのだ。で、その結果は自民党に丸呑みにされて哀れな最期を遂げてしまった。
 自民党と連立を組んで生きながらえているのは公明党だけで後はすべて綺麗に消化されている。
 そのことをまさか小沢一郎たるものが、忘れるわけがない。仮に彼が首班の連立であっても、恐らく民主党も解党されてしまうことは確実だ。旧・社会党は村山富市を総理にしたのにもかかわらず消えてしまったのだから。
 それにもかかわらず、福田康夫とこうまで話があってしまう、というのは何なのだろう?
 外交政策で一致した、という事だけではなく、小沢一郎にとっては、福田康夫という人間はなんの抵抗感も違和感も感じさせない人なのだろう。そりゃそうだ、安部普三とでは世代間ギャップがありすぎる。麻生太郎とでは喧嘩になる。その点、福田康夫という72歳の宰相は、悪くない、と思ったのかな。
 ちょうど社会党が、相手の自民党の総裁は良識派の河野洋平だし、あんまり悪い事にはなるめえ、と思ったように、ね。
 「自民党崩壊」のところで、最高指揮官が勝手に敵将と会談されたら前線の兵隊はどうなるのだ、と書いたが、小沢一郎の行動も同じこと。連日、次の衆議院選挙に向けて、党首の「政権交代」の大号令のもと、孜々として活動している全国の民主党員の活動をどう考えているのか。大連立の場合、昔の中選挙区ではなく、小選挙区制度の下で、自民と民主の議席をどう調整していくつもりなのか。
 たまったもんじゃない。
こうなれば、民主党としては、ただ一人の人にすがるしかなかろう。
それは、江田五月だ。
彼を参議院議長から党首に転身させて起死回生を図ることが、最善の策だ、というのは団塊世代の世迷言かね。
[PR]
by zo-shigaya | 2007-11-05 18:52 | 近時片々

自民党崩壊 11月3日

 衆議院で3分の2の絶対多数の議席を有し、世論調査でも国民の3割から4割の支持を得ていると思われる政権政党が、ついに崩壊した。と、思うしかない。
 自民党総裁であり内閣総理大臣という最高権力者の福田康夫氏は11月2日、民主党の小沢一郎党首に党首会談を呼びかけ、「大連立を打診」(毎日新聞11月3日1面見出し)したという。小沢党首は即答を避け党役員会に持ち帰り協議したが全員反対ということで「受諾できない」と伝えた、とある。
 もしも、小沢党首と民主党の役員会が連立を受諾した場合、福田総理は「小沢首班の内閣」も容認したのだろうか。
 最低でも小沢副総理だろうし、大臣の半分は民主党から出ることになるだろう。そうなれば、これは連立というより「政権交代」ということではないか。
 そもそも自民党ではこの提案をするにあたって役員会みたいな場所で決を取ったのだろうか。数日前の第一回会談を申し込んだ時に、誰やらが「連立構想などの持ちかけ反対」の釘を差した、とかいう記事が出ていたが、おそらく全党一致の提案ではなかろう。
 最高指揮官が真っ先に白旗を掲げたのを見せられて、前線の兵士がどのような思いでいるのだろうか。無血開城、敵前逃亡、など、政治家は軍人ではないけれど、この責任追及は免れないだろう。
 それとも自民党という組織はリーダーの指導責任などは期待していない人たちの集団だろうか。
 かくて自民党は、品の悪い表現で申し訳無いが、「馬糞の川流れ」状態になってしまった。
[PR]
by zo-shigaya | 2007-11-03 12:19 | 近時片々