ん、誰か呼んだ?


by zo-shigaya

カテゴリ:読書メモ( 3 )

磯田道史さん

 4月5日の朝日新聞に、磯田道史さんのインタビューが出ています。古川某という小僧さんのような風采の大臣が、休眠預金の活用を提案したことへのコメントである。「浪費の殿様、官僚にだぶる」と見出しがつけられているが、これ以上ないくらいの激辛コメントである。

 「今の政府の統治力を疑問視しています。」「江戸の武士は、次第に既得権益の確保に走るようになりました。御用金も・・・殿さまの婚礼費用や御殿建設の場合もありました。古くなったいまの官僚組織は、私には江戸後期の武士にだぶります。消費税増税も休眠預金の話も、お上が使うお金を増やすという意味では同じです。婚礼用の御用金のように無駄な出費にしないか。我々はしっかりと意見していく必要があります。」

 磯田さんが「古くなった官僚組織」と言い切るのは、江戸の組織を引き継いで営々と温存されてきた日本の官僚制度の問題点を、しっかりと踏まえた発言、と推察されます。

 磯田さんは、「武士の家計簿」の中で、江戸幕府や藩政時代からの連綿たる流れを、少し、ちらりと、指摘していました。膨大な資料の裏付けを持っている磯田さんが、これについての論考をまとめていただければ、きっと面白い官僚論になるでしょう。ぜひ拝見したいものです。

 蛇足になりますが、映画の「武士の家計簿」は、磯田さんの著書を原作にしていますが、著書とはまったく別物です。映画は冗長で退屈で、凡作です。こんなものだと思って本を敬遠している人がいたら、本当に残念です。
 映画化されて損しているのが、「武士の家計簿」でしょう。
 
[PR]
by zo-shigaya | 2012-04-06 12:03 | 読書メモ

本の重さ

 日本の全集本というのはなぜこんなに重いのだろう。重さがその内容の重要度を示しているとでも言うように、べらぼうに重い。近辺の本の重さ比べをしてみると、なかでも岩波の「新古典文学大系」が重い。少し高いところにあるのを取ると取り落としそうになる。こんなのを手に持って読書するわけにいかない。余程手の丈夫な人でないと怪我をする。
 古今亭志ん生の「道具屋」で、客がそこにある箪笥の引き出しを開けてみせろ、というと、これはなかなか開かないんです、この間も無理に開けようとした人が手をくじいちゃった、この箪笥は手の丈夫な人に買ってもらいたいです、と道具屋が言う。
 この伝で言えば、岩波書店の全集本は手の丈夫な人が読む、ということになるか。

 恩師故・小松茂夫先生は、身の丈180cmを越える偉丈夫であられたが、先生の思い出話に、戦後の食料事情の良くない時期にヒュームの翻訳をしていて、OEDを本棚から持ち下ろすのが一苦労だった、とおっしゃっていた。
 現在の拙は、栄養状態において欠けるところは無いが、生来の虚弱ではあるし、金と力も無い。さればといって昔から言われるような○○でもない、まあ普通の人だろう。それがかほどにブツブツと本の重さをこぼすというのは、同じ全集でも、そうでも無いものもあるからである。

 例えば戦前の最初の芥川竜之介全集も、厚さはかなりのものだったが、本文に和紙を使っているためか、ふわっとした感触である。大学一年生の夏休みに、蚊帳の中に持ち込んで読み耽った思い出がある。表紙の装幀が蚊帳と同じような織物の生地で夏向きだった。
 昔の本で『伊藤博文伝』などは背の厚さが10cm以上あるし重量も相当あるが、重い、という感触が無い。明治時代の刊行の「日露戦争記念記録」などという本も背のつかみは掌一杯になるが、手首にぎくりと来るような重さは無い。

 近時の岩波の全集本は、厚さに比して重い、「硬い重さ」を感じる。
 貴重な「近松全集」も岩波本だ。日本文化の国宝のような全集で、有り難いけれど、これまた重い。終日同じ机に座って読書する環境に無い者には、これをカバンに入れて歩くわけにも行かない。意を決してカッターナイフで作品ごとに切り分けた。哀れ、古本としての売却価値はゼロになってしまったわけだ。
 こちらの読書に懸ける不退転の決意を示すことにもなるけれども、なんとなくいたわしい心地がしないでもない。

 紙の質の良いものを使い、細かい注釈や頭注を鮮明に印刷して、かつ、裏写りのしない密度の高い紙を使うためにどうしてもこの重さになるのかもしれない。作る方にはやむをえない事情があるのだろうが、読書をするものには、やはり本は抱いたり撫でたり、掌中において玩弄する楽しみも味わいたい、という気持がある。軽くて扱いやすいからといって、いつも文庫本ばかりではつまらない。
 そういえば、昔、袖珍本というのがあり、私の手許にも「幸田露伴集」上下がありとても美しい小型本で、掌の楽しみは味わえるが、字が細かすぎて、現今の拙の読書には不向きとなった、無念。
[PR]
by zo-shigaya | 2007-03-28 12:43 | 読書メモ

 年初来、昔の知識の棚卸しをしている。ふと、デイルタイを読み返そうと書庫から岩波文庫『世界観の研究』山本英一訳を持ってきた。「昭和42年10月9日」と購入の日時が書いてある。一読して、あまりにひどい訳文にクラクラし気持が悪くなった。日本語で書いてある文章を母国語としてきた普通の日本人が読んで、意味が判らない。デイルタイの議論が、必ずしも判然としたものでないことからくる難解さ、でなく、そもそも日本語の文章として意味が通らない。
 奥付を見れば第一刷が昭和10年9月、私が購入したのが昭和40年12月第21刷の本だ。買った昭和42年にどこまで読んだかは忘れたが、おおかた呆れてそのまま放置したのだろうが、哲学の本は難解と決まったものだ、と言う「知的保護貿易主義」が生んだ弊害の見本みたいな翻訳である。意味が取れないのは翻訳がおかしいからだ。
 どこがどのようにヒドいか、ここで述べる気にもならないが、この「気持ちの悪さ」をそのまま放置しておくのは、デイルタイさんにも悪いだろう、と、誰に頼まれたわけでも無いのに、割木屋のおっさんの悪い癖がでて、棚卸し中に、また余計な脇道に入ることになる。
 もちっとましな訳文があるのじゃねえか、と古本屋サーチエンジンで探すと、現在なんの事情か知らないが、刊行途中で長休みをしている法政大学出版局の「デイルタイ全集」はあるが、野次馬が買うには高すぎる。
 格安で、船山信一訳『世界観学』(叢文閣出版1935年)があった。それにしても、この題名では古本屋の棚で出会っても手を出す人はいないだろう。人相手相の本だと思う。
 この訳文でも、これはなんのことかいな、という部分はあるが、日本語として平仄が合っているから、読んでいて気持ちの悪くなることは少ない。ささいな事、と普通は言うかもしれないが、生理的な拒絶感覚というものが文章にもある。そして、まさにデイルタイはそのささいな生理的感覚が知識の体系化において無視されることに、真っ黒くなって異議を唱えたのだから、岩波文庫訳の山本さんという人は全然判っていない。
 船山さんはマルクス主義哲学者として全うされた方でこの翻訳をした頃はデイルタイの「生の哲学」なるものに批判的立場を取っておられた。だからあえて戦後も復刊せずにいたのだろう。訳者はしがきを見ると「最初は別の出版社からだすことになっていて、それについては熊澤複六氏、久野修(収)氏にお世話になった」とあるから、ひょっとしたら岩波文庫訳はこの人の予定だったかも知れない。
 余計なお世話だが、岩波文庫には時々、リクエスト復刊というのがあるが、間違えても山本英一訳の「世界観の研究」を復刊することは止めたほうが良い。
 そもそもこの小論文はデイルタイ理解になにほどの足しになるものだろうか。歴史叙述の客観性論争という、20世紀初頭の西欧思潮の流れを知る参考文献として適当かどうか、どうせ読むならもっとぐだぐだと書いた長い論文のほうが良い。
 それにしても戦前の古書が、居ながらにしてわずか700円で手に入るとは。稀書・珍書が買い手を求めて空しく古書店の書架に夕日を浴びて曝されているのが昔日の姿であったのに、有り難い御時世だ。。

 デイルタイを含め、歴史叙述の客観性の問題について19世紀末から20世紀にかけてさかんな論争が行われた。その先駆者としてヴィンデルバントがいる。私たちの学生時代、簡略な哲学史は岩波文庫にシュヴェーグラーの『西洋哲学史』上・下があって、ヴィンデルバントは『哲学概論』だけしか刊行されていなかった。哲学の授業に行くと、ヴィンデルバンドの『哲学史』を進める教授が多かったが、品切れ重版予定無し、だった。ことのついでにヴィンデルバントを探してみると、ありましたね。その『哲学史』もあるけれど、なんと、シュトラースブルグ大学総長就任講演を収録した岩波文庫『歴史と自然科学 他』篠田英雄訳が400円くらいで売っている。昔、神田神保町の古書店を尋ね廻った苦労からすれば、まるで嘘のような気持だ。
 それにしても古書店ネットで、さまざまな全集の値段を見ると、その値下がりに驚く。そもそも4,5年前、神田の田村書店で『定本柳田国男全集』筑摩書房全23巻(24巻欠)を7千円ぐらいで買ったときには、浦島太郎のような気持がした。大学生の夏休みに実家の市立図書館で柳田さんの全集を読もうとして帰ってきたら、蔵書していなかったものだ。ネットでは、背皮装の『福沢全集』揃い美本が2万6千円、『安岡章太郎集』全10巻1万円、とか最早投げ売り状態である。各社の世界文学全集、日本文学全集なども、あっと思うような値段である。
 田舎に住んで本棚空間が持てる人は理想のプライベート図書館を、家計にそんなに負担をかけることなく開設できる時代が来た。本に執着を持つ団塊の世代の人々は、これから年金+小金稼ぎの範囲内で、やろうと思えばあまり苦労もなく、学生時代の夢を実現できるわけだ。
 少し悲しいのは、本を読む肉体的条件は昔のままではないことだが、眼鏡や照明器具、そして机や椅子を整備すれば十分に補える。
 そして、自分のことを基準にして言わせてもらえば、理解度は、若い時よりはるかに上がっている。海千山千の経験は昔理解できなかった諸書の長短を、的確に判別できるようになった。昔、訳も判らず熱を上げていた本を、憫笑をもって書庫の奥深くに放りこんでやる瞬間の快感は、なにものにも換えがたい。
 いたずらにメモリー機能の減少を嘆くことは、まったくないのである。

[PR]
by zo-shigaya | 2006-04-07 12:48 | 読書メモ