ん、誰か呼んだ?


by zo-shigaya

磯田道史さん

 4月5日の朝日新聞に、磯田道史さんのインタビューが出ています。古川某という小僧さんのような風采の大臣が、休眠預金の活用を提案したことへのコメントである。「浪費の殿様、官僚にだぶる」と見出しがつけられているが、これ以上ないくらいの激辛コメントである。

 「今の政府の統治力を疑問視しています。」「江戸の武士は、次第に既得権益の確保に走るようになりました。御用金も・・・殿さまの婚礼費用や御殿建設の場合もありました。古くなったいまの官僚組織は、私には江戸後期の武士にだぶります。消費税増税も休眠預金の話も、お上が使うお金を増やすという意味では同じです。婚礼用の御用金のように無駄な出費にしないか。我々はしっかりと意見していく必要があります。」

 磯田さんが「古くなった官僚組織」と言い切るのは、江戸の組織を引き継いで営々と温存されてきた日本の官僚制度の問題点を、しっかりと踏まえた発言、と推察されます。

 磯田さんは、「武士の家計簿」の中で、江戸幕府や藩政時代からの連綿たる流れを、少し、ちらりと、指摘していました。膨大な資料の裏付けを持っている磯田さんが、これについての論考をまとめていただければ、きっと面白い官僚論になるでしょう。ぜひ拝見したいものです。

 蛇足になりますが、映画の「武士の家計簿」は、磯田さんの著書を原作にしていますが、著書とはまったく別物です。映画は冗長で退屈で、凡作です。こんなものだと思って本を敬遠している人がいたら、本当に残念です。
 映画化されて損しているのが、「武士の家計簿」でしょう。
 
[PR]
# by zo-shigaya | 2012-04-06 12:03 | 読書メモ

電子書籍-2

日曜日の日経新聞の美術面「名画はよみがえる」に、河鍋暁斎の「暁斎漫画」が掲載されている。もちろん全編ではなく、その10~11葉、通称「富士越しのナマズ」がほぼ原寸大原色版ででている。

これこれ、このような版本を、電子書籍にしてくれれば、いいのである。
江戸の黄表紙は、ほぼこの大きさであるから、ちょうどi-pad の大きさである。

これをページをめくりながら眺めることが出来たら、どんなに楽しいだろうか。

初めて見る人は、日本の文化の素晴らしさ、面白さに、驚嘆するであろう。

所蔵本のダウンロードの料金は、各美術館、所蔵者のお心のままでよい。鑑賞者は、日本国内だけではなく、世界中の美術愛好者であるから、かなりの収入になるのではないか。

何万人にダウンロードさせても、所蔵品に痛みはなく、人件費やらメンテナンスの出費もない。

ほとんどが個人の篤志によって成り立っている個人美術館にとって、些少ながら維持費の足しにはなるだろう。

愛好家にとっては、夢に描いていた眼福の、まさかの実現である。

今こそ、死蔵されている厖大な江戸版本が、私達の、共通な宝となる、そんな日が一日も早く実現されますよう、どなたか、音頭を取っていただけませんか。
[PR]
# by zo-shigaya | 2011-01-17 14:46

電子書籍

 ものは試し、とアマゾンのキンドルとi-pad を購入して欧文の電子書籍を読んでみる。キンドルの使い心地は誠に良い。長時間の読書にもなんの負担もない。i-padの方は、カラー画面で楽しいが、あまり長い時間の読書には疲れる。どうしても液晶画面の明るさが目に負担を与えるようだ。
 この使い勝手の良さで、日本語の本も読めたらどんなに素敵なことだろうか、と思う。
私の希望は、著作権などの問題でまだ解決がつかない現行の活字本ではなく、日本語の古典の原文を、電子書籍にしていただきたい、ということである。
 例えば、「源氏物語」や「枕草子」といった原典である。紙の本としては影印本として数種刊行されているが、その原典をそのまま電子書籍にするのである。
 あるいは、江戸時代の和書、版本をそのままである。中野三敏先生が「図書」にお書きになった文章によれば、江戸時代の版本のうち、活字になっているものは、数%(正確な数字は忘れてしまいましたが)だそうだ。コンマ数%であったかもしれない。私たちの文化遺産の大部分は死蔵されて、後世の人々の目に触れないままなのである。
 つまり、現在の日本人は、明治以降に出版された活字本しか読んだことがない、というのが実態である。
それ以前の和書や写本に触れたことがある人は、きわめて少数である。

 電子書籍という画期的な読書ツールが出来たのを機会に、ぜひ、和書、写本を電子書籍として閲覧可能なものにしてほしい。
 そして、それは難しいことではない。実は、各図書館に架蔵されている和本は、以前から、「デジタル・コンテンツ」化されているのである。日本の大学図書館や国会図書館、公文書館などのホームページにアクセスすればかなりの文献がデジタル化されている。
それを電子書籍として、端末からアクセス可能な状態にすればいいだけである。

 藤原定家さんが書写した古今和歌集や、江戸の大田南畝さんの戯作や、あの楽しい黄表紙本などが、ワンクリックでダウンロードして、このi-pad で読める、眺めることが出来るとしたら、なんと嬉しいことだろう。

 たしかに「へんたい仮名」や崩し文字をすらすら読めるようになるには学習が必要だけれど、活字で読むことの味気無さが、本当に実感できるだろう。
  私たちが培ってきた日本語の文化、というものが、今あらためて明らかになると思うのです。
[PR]
# by zo-shigaya | 2010-12-24 13:09

キャラバンは進む

《犬は吠える、がキャラバンは進む》

「あれはたしか1950年か51年の春だったと思う、・・・2月の暖かい日であった。シチリアでは春の盛りであった、私はひじょうに年をとったある人と話をしていた。その人はモンゴル系の顔に黒いビロードのポルサリー丿をかぶり、アーモンドの花の香りに満ちた季節であるにもかかわらず厚い黒いケープをはおっていた。その老人はアンドレ・ジッドであった、2人は護岸に腰をおろし、揺れ動く青い炎のような古代の海を見おろしていた。
(・・・郵便配達人が手紙を手渡して行ったがその中に私への悪意をこめた批評文を同封したものがあった)
 その批評について、また批評精神一般の不健全性について、私が文句を言うのを聞き終わると、フランスの大文豪は背を丸め、肩を落とし、まるで賢明な老いたる・・・禿鷹のように、と言っていいだろうか?・・・そんな顔つきで言った、「ま、いいじゃないか。アラブにこういう諺がある、覚えておくんだな。《犬は吠える、がキャラバンは進む》」

 トルーマン・カポーテイ 『犬は吠える』(「ローカルカラー」所収)

 メデア・ファシズムの嵐の中で精神の安定を得るためのおまじない。
b0008252_11342968.jpg
[PR]
# by zo-shigaya | 2010-06-10 10:56

男もすなる○○を

 しかしここまで言うか
 女優の秋吉久美子が早稲田大学大学院で修士号を取得、20日学位授与式に出席。式後、記者に感想を聞かれて「大きな社会の本流を教わった。ふんどしを締め直して本業もしっかりやりたい」とうれしそうに語ったそうだ。(9月22日日経新聞コラム『窓』)
 
女相撲でもあるまいし、そんなセリフがあるかよ、という感じ。
記事には学位記を手にしている写真も付いているが、普通のスーツ姿だ。
ちなみに修士論文のテーマは神社仏閣と地域活性化についてまとめたものだそうだ。

 これからは、男は、「腰巻きを巻き直して頑張ります」と言うか。
[PR]
# by zo-shigaya | 2009-09-24 11:03
 自民党が総裁選挙をしている。毎年やっているのでお馴染になった。9月22日の日経新聞の記事を見ると「自民総裁選 節約モード」という見出しで「なるべくカネをかけない方針」で選挙をしているという。各候補者の政策パンフなども党員に送付することもやめて、地方遊説も去年の17ヶ所から12ヶ所に減らしたそうだ。
 野党になったのだから節約は当然だろうし、それ以上に、衆議院選挙での空前の大敗を党員や支持者に詫びる、という意味もあるのだから、禊(みそぎ)選挙、懺悔行脚というべきものだ。
 これまでの長期政権による奢りの反省や組織運営の抜本的な批判など、立ち入った内輪の事情、責任問題も、問われねばならない。
 すべてを明らかにして再建の方向を全国の自民党支持者の方々へ提案する義務があるだろう。
 そこから考えれば、現在のような選挙運動は不十分極まるものである。
 街頭で一般の聴衆に演説して、なにほどの再建効果があるというのか。そこで聞いている聴衆のほとんどは、自民党総裁選挙の投票権など持っていないのだ。選挙権を持つのは、誰か。国会議員のほか、各県連の役員や地方議員たちである。数にして微々たる人々である。
 不特定多数の聴衆への街頭演説会などをやるよりも、ブロックごとに投票権者たちを集めて、そこで候補者は一日かけて所信を述べ意見を聞き、討論をすべきなのである。そうすれば、これまでの、党大会や県連幹事長会議などでは聞けなかった地方の本当の意見が表に出て、自分たちの敗因がなんであるか、を骨身に染みて理解することが出来るはずだ。
 「小泉改革が是か非か」、あるいは「大きな政府か小さな政府か」、などというマスコミが誂(あつら)えた議論の枠に収まることなく、なぜ自民党がここまで嫌われたか、という実態を、今こそ、肌身に滲みて感じとることが大事なのだ。
 そのような集会を開いて、率直に議論をし、真摯に意見を交換すれば、ただちに判ることがあるはずだ。
 つまり、かって自民党を支えてきた、良識と節度を保った日本社会の大人たちが影を潜め、声と態度の大きい、政治を自分の利権に奉仕させようという人々がそこに群がっている、とう事実にである。
 自分たちは、このような人々の為に政治をしてきたのか、という深い慚愧の念にかられる事なくして、自民党の再生などない。
 これからも、一部の人々の利益の先兵として党を運営するのか、それとも、本来の保守保全の党として日本国の為に働くのか、この事に思いをはせ、深く反省することなくして、総裁選は茶番であり、自民党再建は夢のまた夢だ。




[PR]
# by zo-shigaya | 2009-09-22 14:03

藤村の「夜明け前」

 堀田善衛さんが、大江健三郎のインタビューを受けてお話をしている番組がある。NHK教育テレビの15年近く前の番組である。ソニーのベータマックスのテープで録画したものがあったので、試しに再生してみたら綺麗に見れた。そのなかでメモしておくこと、2,3。
 
 ○日本という国は宇宙船のような国だ。食糧や資源をすべて他の国から輸入して、閉鎖的な環境で豊かな社会を育んでいる。ヨーロッパから帰ってみるとその特殊さがきわだつ。
 ヨーロッパでは、文化はカルチャーであって、その言葉の原義としての、大地に根差す耕作としての文化という前提がある。日本の現在の文化状況は、日本のどこに根ざしてているのか。どこからも切り離されたような状況なのではないか。
 そのことの危うさについて考えようとしない社会。

○(近代日本の小説を1冊をあげるとすればなんですか、と問われて躊躇なく)
 島崎藤村の「夜明け前」です。


 なるほどな、と深くうなづく。
 「夜明け前」についての書評を、少しあげる。

 小林秀雄
 「この小説に思想をみるというよりも、僕はむしろ気質を見ると言いたい。作者が長い文学的生涯の果てに自分のうちに発見した日本人という絶対的な気質がこの小説を生かしているのである。個性とか性格とかいう近代小説家が戦ってきた、また藤村自身も闘ってきたもののもっと奥に、作者が発見し、確信した日本人の血というものが、この小説を支配している。この小説の静かな味わいはそこから生まれているのである。
注意すべきことは、作者が、この漠然とはしているが、絶対的な日本人の気質というものを熱烈に信じ、これを積極的に表現している点で、ここから、この小説のイデオロギイとか思想とかを僕らが云々する所以のものが生まれているというところだ。実際わが国の小説で、これほど日本的という観念を高い調子で表現したものはないのである。」

篠田一士
「「黒船」の人々の信仰をもたないわれわれにとって自然は文明を治(しろ)しめし、文明の原理をそこに仰ぐべきだと「夜明け前」の作者は言いたげである。この恒なる自然の目から見れば、想像的小宇宙も事実の世界もいかほどの径底があろうか、と彼は反問するだろう。「夜明け前」の発端はペリー来航の年で、終末の頃にはイギリス人の鉄道測量師が木曽路を調査している。この間に近代日本の出発点は定まった。そして、以来半世紀にわたってここには文明と名付けるべきものが築かれてきた。
 「夜明け前」の作者はこの近代日本文明の成果に誇りをもち、そこに安堵感さえ味わっている。そして彼は、一方では、この文明の指導原理となった「黒船」の人々の思想を受け容れながら。他方では、これを当然拒むはずの思想をなおかつ、おのれの文明の根底に据えなければならない必然を倦むことなく語り続けている。
「夜明け前」は大変気味の悪い小説である。」

 小林秀雄の指摘する日本人としての「気質」と、根底から相反する思想を、近代日本の文明の中の指導原理として抱え込まねばならなかった時代、そのことを執拗に問いかける作業から生まれた作品なのである。

 この問いかけは、もはや終わったものだろうか。
[PR]
# by zo-shigaya | 2009-04-21 13:08 | 近時片々

文士の魂

 2月26日木曜日の午後8時過ぎ、たまたまNHKラジオを点けたら、ホキ徳田さんが自叙伝を話していた。
僕にとっては、ヘンリー、ー・ミラーとの出会いの事に興味があるので、しばらく聞いていた。

 彼女と出会ったのは、ミラーが70歳ころのことであるが、一緒に住んでみて驚いたのは、物が全然なかった、という。
 ワードローブには、正装用の背広が一着と、あとは普段着の服が3,4着ぶらさがっていただけだったという。
 家具も調度品もこれといったものはなくて、あの大作家が、と驚いたという。
 ミラーの金銭感覚は第二次大戦の前で止まっていて、徳田さんが付けていた香水の値段を聞いて、驚いたという。何十ドル、というあたりが、高額、という感じだったらしい。
 贅沢品などを身に付けるという気持ちもなく、「ホキ、君が僕にとって、一番のラクジュアリーだよ」と言ったという。

 ヘンリー・ミラーの「南回帰線」は中学生の3年の3学期の春休み、つまり高校生になる直前の、私が最も影響を受けた本だ。おそらくその本の影響が、僕のその後の人生のなかの、男女のつきあいについて、最も大きく影響したといえる。
 田舎の本屋に並んでいたものではなく、その春休みに東京神田の三省堂か東京堂か、で平積みされていたのを買った。

 この本の影響の延長上に、W・ライヒの「セクシュアル・レボリューション」や「オルガスムの機能」があり、日本の68年ムーブメントへのコミットメントがある。
 それはさておき、
 徳田さんの話を聞いて、からだの底から湧きあがる感動がある。
 天下無一物の存在として、自在闊達に動き回る、文士の魂の尊さ。
 このごろ、絶えて聞かない。

 それこそ、若い魂を惹きつける核心。

 いい話を聞かせてもらった。
[PR]
# by zo-shigaya | 2009-02-28 12:03 | 近時片々
 日本の食糧自給率は40%しかない、とさかんに言われるが、一方では捨てられてゴミになる沢山の食糧がある。それがどのくらいあるものか、数字がTKCが全国の税理士事務所の通信として配付しているものに掲載されている。そこから引用させてもらう。
 (なお、要旨のみを摘んで引用します。)

「食べ残し大国」日本   TKC発行「事務所通信」08年10月号掲載

 全国のごみ総排出量は年間5,200万トンで、東京ドーム140杯分、一人一日当りのゴミの量は1kgを超える。これを処理するのにかかる費用は、日本全体で年間約1兆8,600億円。一人当たり約1万4,600円の税金が使われている。

 平成18年度の統計で、ごみの総排出量の約64%が家庭のごみ(生活系ごみ)で3,316万トン。事業系ごみは1,581万トン。

 その生活系ごみの約3分の1が食べ残しなどの生ゴミといわれる。

日本は、年間5,800万トンの食糧を輸入している一方で、約2,000万トンの食糧を捨てている。
(原文で2,000万トンとなっているが、3,316万トンの3分の1なら約1,100万トンではないか、と思うが、これには、事業系ごみの中の生ゴミを計上しているのかもしれない。不明なのでそのまま引用する)

 食べ残しや手付かずのまま捨てられたものの価値は、年間約11兆円にのぼるという。

 国民一人に供給される一日の食事の総カロリーと、実際に食べた分の差(ムダになったカロリー)は、昭和40年 256Kcal  に対し、平成18年 659Kcal となる。
b0008252_10381254.jpg

 一時期よりは差が縮まっている(これまでのピークは平成7年の668Kcal )ものの、毎日ほぼ1食分のカロリーが捨てられている計算になる。
 <引用終わり>

 この数字を見ると、うわあ、「もったいない」なあ、と思う。家庭における食材のムダは、それこそ「もったいない」運動で工夫・節約しなければならない。
 ゴミの処理も、新聞などでは、肥料に返していく運動なども取り組まれているのだが、それでも膨大な量となって、自治体の財政を圧迫している。

 このムダを防ぐための提案も挙げられているが、そのなかで「賞味期限・消費期限にとらわれすぎない。(食中毒防止のために余裕をもって設定されている)色や臭い、形、感触、味などで判断してみる。」
とある。 

 ただ、これらの表示を義務付けている現行の「食品衛生法」の抜け穴、不備については、ここ2,3年、さまざまに指摘されて、昨年の1月には総理大臣が消費者庁を設置して整備する、と言明したが、その方はあえなく9月には退任。その後どうなっているものやら。
 いかに現行の「食品衛生法」が消費者の立場に立っていないか、という問題点の指摘は、また日を改めて。
[PR]
# by zo-shigaya | 2009-01-17 10:42
レジ袋は環境に負荷を与えるか
 スーパーでレジ袋を有料、という動きがある。行政もそれを推奨するところもある。しかし、本当にレジ袋は環境に負荷を与えるのか、私たちに示されている数字の根拠を知りたいと思っていたら、たまたま、下記の記事を見た。
 ここで引用させて戴く。

「レジ袋有料化に一言」
  高階玲子(ジャーナリスト、元TBSアナウンサー、ロンドン在住)
       (掲載誌は「専門店」08年4月号)
「・・・レジ袋の有料化が、イギリスでも議論の的となっている。例えば、大手スーパーのM&S(マークス・アンド・スペンサー)では5月から一枚5ペンス(10円ちょっと)になる。
 有料化の理由は、無料だと消費者は際限なく使ってムダにするから、有料にして抑止力とすることだそうだ。その他に、・・・「レジ袋は環境に悪い」、「街が汚れる」、「魚が食べて死ぬ、鳥の足に絡まる」などが挙がっている。」
 では本当にレジ袋は環境に悪いのか、著者は以下の数字を挙げる。

「レジ袋は、紙の袋に比べて、生産段階で、エネルギー消費量は40%、水使用量は80%、廃棄物は90%少なく、廃棄処分にする際の焼却段階でのCО2排出量も72%少ないという。
 1年間に大人一人が消費するレジ袋のCO2排出量は、車が百メートル走る時に出る量と同じ、つまり、そのくらい少ないそうだ。
 この程度の「環境への負荷」は、ヒトが社会生活を継続する上で、許容範囲だろう。レジ袋は消費財としては、けっこう優等生のほうではないだろうか。」

 さて、有料化によってレジ袋を買う人は減るだろうが、その反面、
「・・・エコバッグ・・として生産されたバッグ類の多さに、レジ袋が使えないので、あらたに買ったゴミ袋などがプラスされて、プラスチック使用量が五倍以上に上がってしまったという事実が、レジ袋有料義務化を導入したアイルランドで実証されている。」

 その他の、レジ袋が散らかる、とか動物が被害に遭うなどの理由は、使う人間のモラル、しつけの問題で、レジ袋が悪いわけではない、と著者は言う。

 そして「有料化は確実に値上げである。この物価高のイギリスで、また値上げ、また消費者負担!」

 「M&Sは、有料化による利益はチャリテイに寄付するというが、これはチャリテイの強要で、私は寄付するなら、寄付先も金額も自分で決めたい。スーパーの「エコ・イメージ」作りに踊らされたくない。」

 別のスーパー「テスコ」では、分解できるプラスチック製のレジ袋を採用して、無料である。袋を持参するとポイントが付くサービスもしている。生活防衛の為には、
 「M&Sに行く時は、まだ有料化を決めていないテスコのレジ袋を持って行く」
 これは「半分冗談、半分本気」だが、
 「レジ袋は、消費者が不要なら断り、最大限大事に使い、正規に処分しさえすれば、有料化の正当性など、ない」
 と締めくくっている。

 この著者のおっしゃることに同感である。

 東京では、表参道の「ナチュラル・ハウス」がいち早くレジ袋を有料化している。
 この間、長い改築期間が終わって、やっと元の場所に帰ってきた、お隣の「紀ノ国屋」は、まだレジ袋は無料だ。(と思う。この頃行ってないが)
 「紀ノ国屋」は買い物袋持参をお願いしていて、レジ袋を断ると「エコ・スタンプ」を押してくれる。

 「ナチュラル・ハウス」の有料化は、「エコ・イメージ」作りで差別化しようという店舗戦略が優先しているのかもしれない。
[PR]
# by zo-shigaya | 2009-01-07 18:18